ホーム > ブルーレイディスクとは?
ブルーレイディスクとは

ブルーレイディスクとはDVDの約6倍もの高解像度をもったビデオ規格です。これにより、ハイビジョン画質の録画、より大容量の映像の録画が可能になりました。情報量が多くなり映像がキレイになっただけではなく、読み込み速度の向上や、耐久性が高くなったのもブルーレイディスクの特徴の一つです。

*ブルーレイディスクを再生する場合には、ブルーレイ再生が可能なプレーヤ・レコーダが必要になります。


ハイビジョン画質とは

従来のスタンダード画質は、水平方向に480本の走査線で映像を表示しています。これに比べハイビジョン画質には最大1080本の走査線が表示でき、鮮やかで高精細な映像を楽しめます。

2011年に完全移行された地上デジタル放送にもハイビジョン画質が採用されており、現在販売されているビデオカメラやスマートフォンでもハイビジョン撮影が一般化されています。


ブルーレイディスクの活用方法

ブルーレイディスクにはハイビジョンの映像だけでなく、これまでのスタンダード映像をダビングすることもできます。

ハイビジョン映像で残す
ハイビジョンの映像は1枚の25GBブルーレイに約1時間55分、50GBブルーレイであれば3時間50分の映像を収録可能。
スタンダード映像をまとめる
25GBのブルーレイに最大約10時間、50GBであれば20時間もの映像を1枚のBDにまとめることが可能。
高画質ダビングの場合 : 25GB/約6時間 50GB/約12時間

お申込みはこちらから
トップへ戻る