ホーム > テレシネサービスとは?
テレシネとは


 テレシネとは、フィルム映像をテレビジョン信号へ変換することです。つまりは、フィルムからDVD(VHSなど)にダビングする作業の事です。
現在のビデオで使用される信号(NTSC)とフィルムは、規格が全く異なり、フレームレートが違う為、簡単にはダビングすることが出来ません。
テレシネでは、フリッカーをなくし、歪みが少なくピントの合った像を得ることが、最大の課題となります。

簡易的なテレシネのデメリット

 簡易的なテレシネでは、スクリーンに投影した映像をビデオカメラで撮影する方法がありますが、この方法ではフリッカーと呼ばれるチラつき現象が発生し、安定した映像を得ることが出来ません。フリッカーはフィルムとテレビ信号のコマ数の違いから発生します。正確にフィルムスピードをコントロールし、映写機をビデオ信号に則した構造にする事で、フリッカーのないクリアーな映像になります。


フリッカーのない高品質なテレシネ!

当社では、最新の業務用テレシネ機材を用い作業しますので、フィルムとビデオ信号を完全に同期させ、フリッカーのない滑らか映像に変換します。DVDへの出力だけでなく、ハイビジョンの出力にも対応し、懐かしの映像がBlu-ray Discで蘇ります。

■DVDに出力
スタンダード画質:720pixel x 480pixel
■Blu-rayに出力
ハイビジョン画質:1280pixel x 720pixel or 1920pixel x 1080pixel

お申込みはこちらから
トップへ戻る